飯島望未が可愛いけど何歳?私服もすごい!実家が金持ちってほんと?【セブンルール】

どうも、スロべぇです。

5月1日放送のセブンルールでバレエの

飯島望未さんが特集されますね。

番組の予告を見ていて、カワイイ人だなって

思い気になってまとめてみました。

バレエと言えば美人が多い!

そしてスタイルがイイ!

そんな浅い知識しかない私です。

セブンルールの予告で飯島望未さんが

嫉妬して当たり前、だけどそんな世界にいる

と言っていました。

年齢は26歳で私よりも年下の女性が

なんかカッコイイと思いました。

実家はお金もちとの噂もあるようで、

こちらについても調べてみました。

そして、美人ならではの私服もオシャレ

センスがすごいのでご紹介します。

では、一緒に見ていきましょう!

〈目次〉

  1. 飯島望未の年齢や身長や経歴のプロフィール!
  2. 飯島望未の実家がお金持ちの噂は?
  3. 飯島望未の私服がオシャレ!画像で紹介!
  4. スロべぇのひと言
スポンサードリンク

飯島望未の年齢や身長や経歴のプロフィール!

出典元:https://www.instagram.com

名前:飯島 望未(いいじま のぞみ)

生年月日:1991年8月6日

出身地:大阪府

身長:163cm

職業:バレエダンサー

可愛いのは画像を見てもらえばわかりますが

年齢は何歳かなと計算すると、2018年で

27歳になるようですね。

バレエを始めたのは6歳の頃。

めちゃくちゃバレエがやりたかったわけでは

なく、お母さんから姿勢がようなるように

バレエ教室に通ったのがきっかけのようです。

13歳にはアメリカで行われたバレエの大会

「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位に

入りました。

そして15歳で留学しそのままプロ契約を

結ぶのでした。

留学はヒューストンのバレエスクールですが、

この時は単身で渡米したようです。

独りでってすごいですね。

断固たる決意が出来ていたのでしょう。

自分の15歳を振り返ってみても、大人に

なったら何しようかすら全然考えて

いなかったことを思い出しました。。

出典元:https://www.instagram.com

愛猫のセイちゃんと一緒の写真。

めっちゃ可愛いな!!(両方)

飯島望未の実家がお金持ちの噂は?

ネットで飯島望未さんについて調べてみると

実家がお金持ちで豪邸に住んでる?とか

裕福な生活を送っているのでは??とか

みつかりました。

一般庶民ではバレエやってるってあんまり

聞かないですよね?

なので、普通以上の家庭だったのかな?

と思います。

家族構成についても父親、母親と望未さん

含めて4人兄弟だったようです。

お母さんから経済的な理由でバレエを辞めて

欲しいと言われたこともありました。

ということは、余りあるほどのお金持ちでは

なく、一般家庭よりはあるくらいのお金持ち

なのではないかと思います。

お父さんやお母さんの職業についても

調べてみましたが、さすがに情報はあり

ませんでした。

なので家族の世帯年収についてはわかりません。

スポンサードリンク

飯島望未の私服がオシャレ!画像で紹介!

飯島望未さんはバレエダンサーとしてだけ

でなく、その奇抜なファッションも注目され

ています。

髪型や色も黒髪から金髪やシルバー等様々。

ファッションもシャネルを着こなしていたり、

森泉か?森星か?と思わせるようなオシャレな

感じに仕上がっています。

出典元:https://www.instagram.com

セレブ感出てますね!!

出典元:https://www.instagram.com

サングラスが似合います。

待ちで見かけたら芸能人かなって思います。

出典元:https://www.instagram.com

他にもファッションが奇抜と言われる

所以の画像がありました。

頭に花が咲いています。

出典元:https://www.instagram.com

雰囲気がまた違った世界で良いですね!

これらの画像を見てもらってすごいのは

わかってもらえると思いますが、もっと

すごいのは、これらの服が私服である!

ということです。

スロべぇのひと言

いかがだったでしょう。

飯島望未さんは幼いころからバレエダンサー

として芯を貫いてきたカッコイイ人でした。

ファッションはオシャレで可愛いので、

モデルさんとしても活躍しているようです。

顔が可愛いのもあるので、セブンルール

放送でファンになる人が増えるんじゃない

でしょうか?

家族についてもペットのセイちゃん以外に

紹介してくれるといいなって思いますね。

では、最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。