Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

茂木久美子の結婚(旦那・子供)は?車内販売の新幹線の名前は?【激レアさん】

バラエティ

2018年12月17日放送の激レアさんで、

「新幹線の中でやりたい放題して

桁外れな売り上げを記録しちゃった

車内販売界の怪物」と言われる

茂木久美子さんが出演されます。

 

茂木久美子さんが新幹線で売り上げる為の

激レアな方法や、どこの新幹線の販売員

だったのか?

また、彼氏や結婚、旦那・子供がいるの?

等などプライベートなところを調査して

みましたので、一緒に見ていきましょう!

 

〈目次〉

  1. 茂木久美子のプロフィール!
  2. 茂木久美子はどこの新幹線で販売員をしてた?
  3. 茂木久美子の結婚(夫・子供)してる?
  4. 茂木久美子のまとめ

茂木久美子のプロフィール!

名前:茂木 久美子(もき くみこ)

生年月日:1980年2月9日

出身地:山形県天童市

血液型:不明

学歴:山形城北高校卒

事務所:株式会社グローバルゲンテン代表

 

茂木久美子さんは1998年に新幹線の車内

販売になりました。

2005年には、 なんと一日の売り上げが、

53万円という記録を作りました。

 

一般的には7万程度と言われている中、

この記録は圧倒的ですね。

まるでフリーザ様の戦闘力のように

他との差は歴然としていました。

 

その後は最年少でインストラクターになり

1300人の育成にあたるようになります。

2012年に退社し、2015年には会社を設立。

講演・講師等を務めているようです。

ついにボスになったようで本当に

フリーザ様のようですね!(笑)

 

ちなみに、茂木久美子さんが売り上げ

に貢献するために心掛けていたことは、

・敬語ではなく方言で話す!

・ワゴンは押すではなく引く!

なんだそうです。

 

時と場合ですが、方言で話して

くれた方が親近感が湧いていいですよね。

ワゴンについても押すと前が見えなくて

お客さんの足にぶつけてしまうから、

引くことにしたようです。

 

他にも旬のネタを集めてみたり、

イベントや天気等もチェックしていた

ようで、新幹線に乗るお客さんのことを

考える心遣いが出来ていたことが、

売り上げアップにつながったのでは

ないでしょうか?

 

現在は本も出版していて、

茂木久美子さんの本!

気になりますよね?

こちらで紹介しますので売上アップの

参考に良かったら見て下さい。

 


コギャルだった私が、カリスマ新幹線販売員になれた理由 (日経ビジネス人文庫) [ 茂木久美子 ]


売上げを10倍にする接客&販売術 神対応のおもてなし【ビジネス 神対応 おもてなし 接客 新幹線 茂木 久美子 販売術 四六判】

茂木久美子はどこの新幹線で販売員をしてた?

今回の激レアさんの放送では、

Twitterでも言われているように

オダギリジョーさんやホラン千秋さん等

イケメンと美人が出演しますね。

 

茂木久美子さんも昔はコギャルだった

ようで、コギャルからカリスマ販売員に

なった経緯が語られるようです。

 

ちなみに私はコギャル時代の写真が

気になったのですが、それは番組内で

放送されることを期待しています。

 

茂木久美子さんが乗車していた新幹線の

車種?名称ですが、山形新幹線「つばさ」

になります。

 

東京と山形を結ぶ新幹線で時間にして、

およそ1時間半くらいの距離になりますね。

 

茂木久美子の結婚(夫・子供)してる?

茂木久美子さんのプライベートな話題!

彼氏はいるのか?既に結婚しているのか?

もう子供もいたりする??

この辺りって気になりますよね?

 

調査してみたところ、結婚はしてない様子

でした。

インタビューでご本人からのコメント

なので間違いないでしょう。

結婚というワードが検索に出てくると

いうことは、みんな気になっているんですね。

 

茂木久美子さんの彼氏についても調べて

みましたが、一切情報がありませんでした。

これは激レアさんの放送で若林さんが

突っ込んで聞いてくれるのを期待しましょう。

茂木久美子のまとめ

茂木久美子さんについて調べてみました。

車内販売のテクニックを世の中に広めて

いく活動をしていますので、これからも

新たな記録に挑戦して活躍を期待したい

ですね。

 

では、最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

コメント