Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

定岡ゆう歩はオネエでりゅうちぇるに似てる?自宅公開で場所はどこ?【アウトデラックス】

バラエティ

どうも、スロべぇです。

 

12月7日放送のアウトデラックス

ホリプロスカウトキャラバンを制した

定岡ゆう歩さんが出演します!

 

ホリプロスカウトキャラバン

グランプリを獲得した女優さんだと、

深田恭子さんや石原さとみさん等の

超有名女優さんが浮かびますね♪

 

なので、一流女優への登竜門的な

イメージがあると思いますが、

今回男女混合での募集で、男性の

受賞は史上初となり、世間的にも

定岡ゆう歩さんが注目されている

のです。

 

どんな人かなって調べていると

りゅうちぇる似でオネエ疑惑が上がって

いたのでオネエなのか調べてみました!

 

あと、アウトデラックスでは私生活に

密着して自宅を公開するようなので、

どんな部屋で場所についてもわかると

いいなと思い書いてみました!

では、見ていきましょう!

 

 

〈目次〉

  1. 定岡ゆう歩のプロフィール!
  2. 定岡ゆう歩はりゅうちぇる似のオネエ?
  3. 定岡ゆう歩の自宅の場所はどこ?
  4. スロべぇのひと言

定岡ゆう歩のプロフィール!

名前:定岡 遊歩(さだおか ゆうほ) 

生年月日:1996年7月21日

出身地:沖縄県

身長:172cm

学歴:沖縄県立北中城高校卒業

事務所:ホリプロ

 

2017年のホリプロスカウトキャラバンで

グランプリになってまだ間もないので、

さすがにWikipediaはなかったです!(笑)

 

定岡ゆう歩さんはピアノが得意なようで

審査の時にもピアノを披露していました。

ただ、楽譜が読めないのに弾けるという

すごい特技を持っています。

 

聴いた音を感覚で覚えて演奏している様で

記憶力がすごいってことなんでしょうね!

 

 

定岡ゆう歩はりゅうちぇる似のオネエ?

写真をみてもらうと分かる通り、

どこか中性的な感じがしませんか?

手の握りというかポーズが女子っぽい。

りゅうちぇるもそんな感じがありますね。

 

じゃあオネエなのか??

と思い調べてみると、

全然そんなことはないようです。

 

普通に女の子が好きで、オシャレも好きで

お化粧もするからオネエなのかと疑惑が

上がっただけのようですね!

 

りゅうちぇるもあんなしゃべり方だけど

オネエじゃなくぺこりんが好きですもんね。

 

まぁ、雰囲気がりゅうちぇる似なのは

あってると思いますが!( ^ω^ )

あと、実はりゅうちぇると高校が同じ

ようですね!

偶然ですが、なんか運命的ですね~!(笑)

 

定岡ゆう歩の自宅の場所はどこ?

アウトデラックスの放送で、自宅を公開

するようなので、今回定岡ゆう歩さんに

ついて書いてみました!

 

自宅の様子は番組の放送と共に追記して

行こうと思います!( ^ω^ )

 

きっと化粧品とかファッションとか

どことなく女子っぽい部屋を想像しています。

どんなお部屋か楽しみですね♪

 

※ここから番組放送後に追記しています♪

マツコとしゃべってる時もすごい

オネエ感満載でしたね!(笑)

 

まずは1日密着ということで新大久保で

待ち合わせします。

これが初めてのロケになりました。

 

メイク道具を求め「skin holic」というお店に

行ってきました!

いつも1、2時間はいるそうなので、

行ったら会えるかもしれませんね!

 

いよいよお部屋に突入しました。

ワンルームのお部屋みたいですね。

家の場所まではわからなかったですが、

原宿や渋谷近辺なんだろうなと予想します!

 

クローゼットは洋服だらけでした!

 

そしてBIGBANGが大好きという情報も

ありました。

部屋中ポスターだらけの定岡ゆう歩さん宅

でした!( ´ー`)

 

 

スロべぇのひと言

いかがだったでしょうか?

 

定岡ゆう歩さんはオネエではないようで、

りゅうちぇると高校が同じでキャラも

ちょっと似てるということがわかりました。

 

自宅については場所までは公開されないと

思いますが、ヒントがあれば載せたいと

思います!( ^ω^ )

間取りとか内装とかも気になりますね!

では、放送後をお楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

コメント